So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

民主党の年金案 [時事]

民主党のマニフェストに於ける年金案では

18.一元化で公平な年金制度へ
【政策目的】
○公的年金制度に対する国民の信頼を回復する。
○雇用の流動化など時代にあった年金制度、透明で分かりやすい年金制度をつくる。
○月額7万円以上の年金を受給できる年金制度をつくり、高齢期の生活の安定、現役時代の安心感を高める。
【具体策】
○以下を骨格とする年金制度創設のための法律を平成25年までに成立させる。
<年金制度の骨格>
○全ての人が同じ年金制度に加入し、職業を移動しても面倒な手続きが不要となるように、年金制度を例外なく一元化する。
○全ての人が「所得が同じなら、同じ保険料」を負担し、納めた保険料を基に受給額を計算する「所得比例年金」を創設する。
○消費税を財源とする「最低保障年金」を創設し、全ての人が7万円以上の年金を受け取れるようにする。「所得比例年金」を一定額以上受給できる人には、「最低保障年金」を減額する。 19.年金受給者の税負担を軽減する
【政策目的】
○年金受給者の負担を軽減し、高齢者の生活の安定を図る。
【具体策】
○公的年金控除の最低補償額を140 万円に戻す。
○老年者控除50 万円を復活する。
【所要額】
2400 億円程度


最低保証7万円を計算してみました

日本の60歳以上の総人口
日本人のみ3742万2千人
参考
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/tsuki/index.htm
総受給者数
2200万7千125人
参考
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/zaisei/data/data01/kokumin/kk-10.html

差がありすぎるので年齢別に見てみると60歳から65歳の人口910万人対して受給者は66万人だったので844万人を差し引いた数字で計算してみると2898万2千人が民主党案の年金受給者と推定される。
現在の受給者との差697万4千875人。これに基礎受給額7万をかけてみると4882億4125万円
所要額2500億ってどこから・・・
考えられるのは
『「所得比例年金」を一定額以上受給できる人には、「最低保障年金」を減額する。』
この「一定額」が70000円前後で設定されている可能性ですね。

もっとありうるのは、計算が出来ないw

ちなみに無年金の人たちの中に外国人を混ぜると
5000億円になりますな。

もう一つ
2898万2千人に7万円給付すると、2兆0287億4000万円これを消費税で補うと言ってますが・・・・

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

すけろく

丼勘定さえもしていないという事がバレバレですね。
実はあの「マニフェスト」、2ページ目読んでる途中で気が狂いそうになったので読んでいません。
by すけろく (2009-08-08 16:36) 

T.N

すけろくさんへ
あの「マニフェスト」は後ろの方の政策と所要額が笑いどころです。
所要額は実際に概算しただけでおかしいですから。
by T.N (2009-08-08 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。