So-net無料ブログ作成
検索選択

新年早々捏造か?? [アサヒる]



【平井隆介、潮智史】世界的に広がるサッカーの八百長問題で、シンガポールの犯罪組織が、Jリーグのクラブ関係者に日本で接触を図った疑いが浮上した。国際的な調査員が朝日新聞の取材に明らかにした。  この調査員によると、シンガポールで内偵捜査を進めていた2013年2月、ある犯罪組織の構成員から「自分のボスが数年前、Jリーグのクラブに八百長への協力を求めるため日本に行った」との証言を得た。日本で接触した相手が選手かスタッフか、代理人かは明らかにしなかったが、ボスに近い関係のこの構成員はJ1の強豪クラブの名を挙げ、「ボスはそのクラブに接触したけれど、(協力を得られず)断念した」とも話したという。  この調査員は、八百長撲滅のため国際サッカー連盟(FIFA)に昨年まで雇われていた人物で、今も各国警察や国際刑事警察機構に依頼されて世界中の八百長組織を追っている。朝日新聞の取材に対し、調査員は「自分が証言を得た犯罪組織の構成員は、情報源としては信頼が置ける」と語った。構成員は「ボスは日本での工作が難しいと知り、中国に渡った」とも証言したという。中国のプロサッカーリーグでは昨年までに審判や選手を買収した大規模な八百長が発覚した。  今回の件について、日本サッカー協会、Jリーグともに把握していない。クラブ側からの報告もないが、協会関係者は「接触してくるケースがまったくないとは考えていない」と話す。八百長は韓国や欧州各国のプロリーグ、そしてアフリカでの国際試合でも起きるなど世界的にも広がりを見せている。  日本絡みではこれまで、タイでの公式戦に招かれた日本人審判3人が12年、現地関係者に八百長を持ちかけられた例がある。調査員は「大金が動く東南アジアなどのオンラインのブックメーカー(賭け屋)がJリーグの試合も賭けの対象にしている以上、日本もいつ狙われてもおかしくない」と話す。  忍び寄る八百長問題に手を打つため、日本協会とJリーグは「インテグリティ協議会・プロジェクト」(座長・大仁邦弥日本協会会長)を14年から新たに立ち上げる。警察庁、警視庁、文部科学省の担当者をまじえ、審判関係者や選手会も加わって情報交換や対策を話し合う。年2回程度のワークショップを開催して啓蒙(けいもう)活動にもあたる予定だ。  来季から、アマチュアとプロの選手が混在するJ3(Jリーグ3部)が新設される。J1やJ2に比べ年俸が低いため、八百長工作の標的とされる可能性が高いとの懸念がある。Jリーグの幹部は「八百長は日本には関係ない話という認識を変えていく必要がある」と危機感を募らせる。


まず怪しいのは
シンガポールの組織のトップのダン・タンのグループの手口とは違うということ。
ダン・タンの八百長を仕掛けるパターンは審判、審判を決める人たち、選手であって、クラブやチームに接触することは余程グズグズな関係になら無いとありえない。

通貨価値と平均収入が世界で高い国の日本のリーグに八百長を仕掛けても元手がかかりすぎる。しかもJ1の強豪といえばそれなりの年俸を支払っているハズ

そういう話が来て断ったのならクラブ名を出しても差し支えは無いハズ。
それができないというのがこの記事の胡散臭さ。

J3は年俸が低いから狙われる?J2だって十分低いにもかかわらず今まで無かった。
それがイキナリトップリーグの強豪というのが眉に唾したくなる記事。

それと韓国で発覚した八百長は自国内で行われていたものでシンガポールの組織とはまったく関係ない。
アサヒの場合日ごろの行いがアレすぎるので
「中国様や韓国様であったスキャンダルが日本に無いはずがない」という浅ましい根性で書かれた記事ではないかと思われても仕方が無い。

購読者が減りすぎてJリーグ100年構想のパートナーを降りるためのイチャモンかもしれないがw
moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。