So-net無料ブログ作成

アベノミクス [雑感]

WIKIより
アベノミクスは、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3つを基本方針としており、安倍はそれを「3本の矢」と表現している。個別の政策としては、2%のインフレ目標、円高の是正、政策金利のマイナス化、無制限の量的緩和、大規模な公共投資(国土強靱化)、日本銀行の買いオペレーションによる建設国債の引き取り、日本銀行法改正などが挙げられる。経済評論家の山崎元は、アベノミクスを「1)2%(以上)のインフレ目標設定、2)日銀による金融緩和拡大、3)公共事業による需要追加、の三つの経済政策のパッケージ」と定義している


:量的緩和の場合、日本の銀行は産業に投資する能力が低く、リスクを負うことで利益を上げるということをできない企業風土らしいので、海外で運用して経済規模の小さい国でバブルを作るのが関の山だと思うのでインフレに対する効果は薄い。

建設国債の日銀が買いオペで引き取ると言うのは一定の効果がある。使用を国内のインフラに限定できるのが大きい。

個人的には東北復興債を発行して通常の建設国債と別枠で日銀に買わせるのも手だと思う。

銀行は国内産業に資本を送り込むポンプだったはずだが、バブル崩壊と「グローバルスタンダード」というUSAの景気を支えるための「ルール」によって、国内の労働者の金を担保使って海外産業の発展のために活動する集団になった。
このあたりは、戦前の2.26事件前夜と全く変わらない状況。
地方の疲弊と、財閥系銀行の悪辣な為替での利益の上げ方が社会問題だった。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。