So-net無料ブログ作成
検索選択

竹島

「于山島=鬱陵島」と認識の韓国史料
 竹島(韓国名・独島)をめぐり日韓両国が領有権を主張する中、戦後間もない一九四七年に韓国 の調査団が、同国側が竹島の古い名前だと主張する「于山島」を鬱陵島と同一視していたことを示 す史料が見つかった。二十二日の「竹島の日」を迎え、韓国側の主張の矛盾を裏付けるものとして 注目を集めそうだ。  史料は、島根県の竹島資料室が見つけた。  米軍政下の暫定政府の要請に基づき、竹島などの領有権を固めるため、朝鮮山岳会が四七年 八月に学術調査した内容を、民俗学者の同会の宋錫夏会長が翌四八年にまとめた。竹島の北西 九十二キロに位置する鬱陵島について、歴史や朝鮮本土からの位置関係など島の概要を紹介し ている。  この中に于山島そのものの表記はないが、「太宗十七年(一四一七年)」の年号や「按撫使の金 麟雨が鬱陵島で大きな竹や水牛皮、綿子、検樸木などを献上した」など、一四三一年編さんの韓国 の歴史書「太宗実録」で初めて登場した于山島に類似する記述を、鬱陵島のこととしている。  また、于山島と関連があるとされる于山国が、歴史書「三国史記」に登場する年号「新羅智証王十 三年(五一二年)」も記されている。  竹島資料室の錦織希衣さんは「韓国側が調査当時、于山島を鬱陵島と認識していたとみられる」 と指摘。「于山島が竹島という韓国側の主張が、成り立たないことを補強できる史料」とした。  于山島をめぐっては、韓国在住の米国人研究家ゲーリー・ビーバーズ氏が、韓国の古地図や文 献を基に、于山島は竹島ではなく、鬱陵島の北東に隣接する竹嶼(ちくしょ)を指している、とする研 究成果を発表。島根県の竹島問題研究会も同様の見解を示している。


:その前に「法律」とか「領土」の概念がない国だということを忘れてはいけない。 なにしろ「李承晩が親日派」と言われる国柄、友好だの理解だのできるはずがない

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。