So-net無料ブログ作成
検索選択

朝鮮日報を誉める [雑感]

T.Nは「日本」が絡まないと朝鮮日報はアサヒや毎日よりもマトモなことを書くと思っているんですが、そんな記事を
政府は法と秩序を守るべき
今回ソウル市竜山区の第4再開発地区で起こった爆発・火災事故の真相が、徐々に明らかになりつつある。ビルに立てこもって機動隊と対峙(たいじ)した住民らの取り調べを行っている検察は、この地域で店を借りて営業を行っていた自営業者のうち6人が1000万ウォン(約64万円)ずつ出し合い、合計6000万ウォン(約380万円)を闘争のための資金として準備していたことを明らかにした。全国撤去民連合会(全撤連)と自営業者らはこの資金を利用し、空気銃で発射するためのゴルフボール1万個、20日分の食料、発電機を回すための燃料が入ったドラム缶20本、シンナー20リットル缶60本、バリケードを築くための特殊工具などを購入していたという。彼らは屋上に見張り小屋を築くための金属製の板や仮設物などを引き上げるため、クレーンまで動員した。さらに焼酎の空き瓶にシンナーを入れて作った火炎瓶400本、ジュースなどの瓶に塩酸を入れた塩酸瓶50本も用意していた。



 工事現場用のヘルメットをかぶりマスクをして立てこもった住民らは、鉄パイプを溶接してY字型にした大型の投石機で火炎瓶を飛ばした。そのため漢江大通りを通り過ぎる車は、火の粉を避けながら進まなければならなかった。容疑者らは屋上から下にいる機動隊員らに向けて煉瓦を投げつけ、シンナーを振りかけた。大都市ソウルの中心部が、まさに内戦の現場にでもなったかのようだった。このようなことが米国や日本の大都市の中心部で起こったとしたら、各国の政府はどのような対応を取っただろうか。またその国の人たちは誰の責任だと指摘するだろうか。



 全撤連は過去にも今回と同じように、重武装して見張り小屋を築くような抵抗を何度も重ねてきた。1995年には京畿道竜仁市水枝地区で10カ月、99年には水原市権善区で4カ月、2003年にはソウル市銅雀区上道洞で16カ月、03年には高陽市一山東区楓洞で20カ月、05年には烏山市細橋洞で2カ月にわたり行われた。竜仁市内にある家具商店街では、今も13カ月にわたりバリケード闘争が続いている。全撤連は鉄パイプで銃を自作するだけでなく、農薬の噴霧器を改造して火炎放射器も作っている。水原市権善区では大砲のようなものまで登場した。烏山でのバリケード闘争では、現場を片付けていたアルバイトの大学生に火炎瓶が飛んできて火が付き、焼死するという事故も起こった。



 都市でのゲリラ戦と何ら違わないこの暴力闘争は、絶対にこれ以上放置してはならない。ソウルだけで今後450カ所の再開発、65件のマンションやビルの建替え、26のニュータウン、467の都市環境整備事業が進められている。政府は再開発を行う組合と自営業者との対立を仲裁する制度と仕組みを準備する必要があるだろう。権利金や内装のために数億ウォン(1億ウォン=約640万円)の費用を投じた自営業者に対し、わずか1000万ウォン(約64万円)や2000万ウォン(約128万円)程度の補償金しか支払えないような再開発のやり方は、今後見直すべきだ。



 何よりも重要なのは、わずか数人のデモ専門家が都市の中心部にあるビルを占拠し、幹線道路に向かって火炎瓶を投げ、1000万の市民が住む都市を戦場のようにしてしまうことを、これ以上放置してはならないということだ。政府は今回の事件を昨年の米国産牛肉輸入問題のように大きくしようとする勢力に対し、断固として対応すべきだ。政府が法と秩序、そして国民の安全を守り抜くことができないなら、国民は決して政府を信じて頼ろうとはしないだろう



:まぁアサヒあたりなら、わずかな補償金で追い出される自営業者に憐憫を感じた、「デモ専門家」(プロ市民)の義挙と言うカバーストーリーを展開するのでしょうがw「デモ専門家」(テロリストと呼んで構わない)の武装には絶対に触れないwww多分「酔っ払い」の保護も「不当逮捕」でしょうね。
このくらいマトモなことを書ける日本の新聞はいくつあるのだろうか?

トヨタ労組と現代自労組
日本のトヨタ自動車グループ傘下の300の労働組合が加盟する全トヨタ労連は19日、トヨタ車の販促キャンペーンに突入することを明らかにした。同労連は「困難さを増す販売を少しでも支援するため、友人や親せきにトヨタ車購入を勧誘する」と説明した。全体で30万6000人に達するトヨタ・グループの労組員は、昼には工場で働き、退勤後には車を売り始めた。トヨタ労組は組合予算で賞品を用意した。抽選で、車を販売した労組員100人に1万~10万円の旅行券を贈るというものだ。労組が自発的に販促に乗り出すと、会社側は部長級以上の社員を対象にトヨタ車をもう1台購入する運動を開始した。


 同じ19日、韓国の現代自動車労組が発行した組合文書は「攻勢による闘争だけが生きる道であり、会社側の姿勢の変化だけでは破局を防ぐことはできない」という文言で始まっていた。現代自労組は同日、臨時代議員大会を開き、ストライキに向けた最初の手順である「争議開始」を満場一致で議決した。旧正月連休後にスト権確立投票を行い、ストに突入する予定だという。現代自労組は今回の争議について、「資本側の危機が労働者にとっても危機だという誤った図式を克服する闘争だ」と主張した。



 現在、現代自は世界的な経済危機で販売台数が伸び悩み、生産も30%減少している状況だ。しかし、労組は仕事は少なくても、賃金はこれまで同様に支払うよう求め、ストを行うという



 もちろん会社側は、世界的な経営危機が押し寄せる前に、組合側に対して賃金据え置きのまま労働時間を3時間短縮すると約束した経緯がある。しかし、その約束を守るのが困難なほど経済状況が悪化していることは子供でも分かる。それでも労組は約束を守らなければ、ストを決行すると脅している。



 1987年に結成された現代自労組は、94年の後、14年連続でスト決行という大記録を持っている。このまま行けば15年連続ストも確実だ。経営の神様でもこんな労組と一緒に工場を動かすことは難しいはずだ。まともな考えを持つ経営者ならば、自動車開発部門だけ残し、生産設備をすべて外国に移転して、海外で生産した車を国内に持ち込むほうがはるかにましだと考えるはずだ。



 既に現代・起亜自は全世界に現地生産体制を築いている。今年末に起亜自の米ジョージア工場が稼働すれば、海外300万台生産時代を迎える。これは労組が輸出車を盾にストを行う戦術が通じない時代が到来したことを示している。ソナタを生産する牙山工場がストに入れば、米アラバマ工場で作ったソナタを輸入すればよい。自動車輸入関税をゼロにしさえすれば実現可能なことだ。



 どのみち現代自の競争力は、労組員の3分の1の月給ではるかに勤勉に働く下請け会社の従業員の血と汗によって生み出されたものだ。今の労組員はストにたけ、多額の月給を受け取ること以外に競争力はない。かえって現代自の競争力を大きく傷つけている。



 従って、今からでも現代・起亜自の国内工場は速やかに閉鎖しなければ、会社は健全化しない。新たに建設され、生産性も高く、低賃金でストも行わない海外現地工場にすべての生産を任せるのが正しい答えだ。国内には開発機能を持つ研究所だけ残せばよい。



 不幸にもそんな日がやって来たら、現代自の労組員は自分の子供たちに「なぜ働き口が消えたのか」をどう説明するだろうか。現代自労組が今考えを改めても、まだ手遅れではない。



:『「開発」も日本の朴李ダロ』と言うツッコミはおいといてw
韓国車の部品のレベルなら、マレーシアの方が精度は高いらしいので部品工場も移転した方がいいんじゃないだろうか?
朝鮮日報って韓国人の啓蒙のためにがんばってるよなぁ・・・・アサヒは愚民化煽動のためにがんばってるよなぁ
どちらが良い新聞でしょうかね。
朝鮮日報は日本へのストーキングが激しいのでwそういう姿勢はどうかと思いますが、まぁ沈みそうな船で頑張って欲しいなぁと。ところであの国の住民は朝鮮日報の記事読んでいるんだろうか?読んで理解できるのだろうか?読んで理解しても行動できるのだろうか?と考えると、朝鮮日報の啓蒙も無駄かもしれない


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。