So-net無料ブログ作成
検索選択

アサヒの言い訳 [アサヒる]

「死に神」報道、朝日新聞「中傷意図ない」
> 鳩山法相は20日、朝日新聞が18日付夕刊のコラムで、宮崎勤元死刑囚らの死刑を執行した鳩山法相を「死に神」と表現したことについて、抗議の意向を示した。朝日新聞社は「鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くない」としている。

新しい日本語解釈
「死に神」と揶揄することは中傷ではない
押し紙という「死に紙」を刷って、専売所に押し付けている新聞社がなにを言い出すんだw
人権擁護法案を推進する言論の死に神。それもアサヒの一面。そこから一歩進化して日本語の敵にもなったようですね。


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 7

まさき

いろいろ思うところはありますが、記事書く人間が何を考えて言葉を選んでいるのか、理解出来ないなと思う今日この頃です。
どこぞの掲示板じゃないんだから、と思いました。
最近、本当にこういう人たちの言葉をどう受け取って良いのやら、困惑するばかりです。


by まさき (2008-06-21 14:35) 

NETの爆弾

私としてはアサヒさんナイスといいたいところですが、アルカイダの友人の友人さん以外に池田狂なども突っ込めよコラと言いたいですな
by NETの爆弾 (2008-06-21 15:23) 

T.N

まさきさんへ
メディア各社の社内の空気と世間の空気のギャップが大きい。
「世論を誘導できる」と未だに思い込んでいる節もありますし。
そういうことがこういうことをやってしまったり、捏造したり担ってしまうんじゃないですかね

NETの爆弾さんへ
アルカイダの友達の友達はしょうもないけれど、しょうもなさ度合いでアサヒが上回ったと言うことかも
by T.N (2008-06-22 09:02) 

abusan

朝日新聞も一応、大新聞な訳ですからこういう言い訳が通用すると
でも思っているのかと。世間をナメ切っているとしか思えませんね。
自ら世界最大の低俗新聞と宣言したも同然と言うことを思い知る事
になるでしょうね。既に国民の間では朝日新聞=低俗紙となってますが。
by abusan (2008-06-22 09:21) 

T.N

abusanさんへ
 「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」
 「言葉に救われた。 言葉に背中を押された。言葉に涙を流した。言葉は人を動かす。私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」
この二つのコピーは一体なんだったんでしょうかねw
単なる思い上がりだったとしか思えませんね

by T.N (2008-06-22 14:39) 

roshy

正しく言葉は刃を使わない凶器になります。朝日も程度の低さを自らさらしましたね、、、
by roshy (2008-06-23 10:01) 

T.N

roshyさんへ
行き過ぎた反体制の美学と言う狂気におかされたアサヒが言葉という凶器を持っていること。おっかないことです。
by T.N (2008-06-23 14:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
moz-screenshot-1.jpg     朝日新聞のサンゴ捏造  記念日は4月20日
人権擁護法案に猛烈に反対してます ブログを作る(無料) powered by So-netブログ national_flag2.gif
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。